トピックス

「交通安全教室」

2018.05.08

 

 

 

本学園の幼少連携の取り組みでもある「交通安全教室」を今日、本園遊戯室で開きました。小学1・2年生の児童と本園の子どもたちが都合約100名程が参加しました。
「教室」のために須磨警察署員1名・神戸市の交通指導員2名が来園してくださいました。この「教室」は以前からの取り組んでいる幼少連携プログラムですので、内容的に熟知している子どもたちもいて、スムーズに進められました。
信号の渡り方・“けんちゃん人形(神戸市には全て名前が”けんちゃん“と名付けられた人形が12体あるとのこと)”を使った腹話術、DVD視聴による安全教育と内容的には3パターンの形態を取りながらの1時間余りの「教室」でした。
巧みな指導員の話術に載せられた子どもたちの明るい笑い声が遊戯室内に響いた1時間でした。

pagetop