トピックス

茶 道

2018.11.07


学園敷地内には、(六甲山の翠)(須磨海岸の波濤)庵(すいとうあん)と16代お家元に命名された扁額が掲げられた立派な【茶室】があります(園舎の2階)。そこで、本学園では“全ての芸術的要素が含まれる”と言われる【茶道(裏千家)】を幼稚園・小学校の教育(保育)活動に組み入れています。幼稚園では“学びの放課後教室(「習い事教室」)”として希望する子どもたちに裏千家の講師先生2名が来園されて指導してくれています。現在、年少~年長の11名が2グループに分かれて茶道を習っています。男の子も女の子もご挨拶から始まり~ご挨拶で終わる“お茶の作法”を先生から教わりながら“真剣そのもの”に“お茶”を喫していました。

今日は≪錦木の照葉(にしきぎのてりは)ツバキ≫に茶菓子は≪秋の稔(あきのみのり) くり≫でした。

pagetop