トピックス

冬晴れと餅つき

2018.12.18

今日は“冬晴れ”と呼ばれる穏やかな天候になりました。

そして、子どもたちが心待ちにしていた学園の幼小の連携行事でもある恒例の「餅つき」の開催日でもありました。以前はそんなにも喧伝されていませんでしたが、昨今は“ノロウイルスを始めとした感染症”に注意を払うことが以前にもまして最重要事項となって来ていますので、今日も園としては細心の注意と手当を考えて実施しました。遊戯室に園児・小学12年生が集まり、学園長先生の挨拶から行事を始めました。例年よりも多くの幼小の保護者・数社の業者が餅つきのつき手として集まってくれましたので行事はスムーズに進行しました。子どもたちの大きな“よいしょ!よいしょ!の掛け声”が遊戯室内に響き渡りました。行事最後には、みんなへのお礼の意味も込めて小学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんたちが2曲合唱を披露してくれました。

 何事もなく終了して“ほっと!!”しました。

 

pagetop