トピックス

今年度最後のお弁当

2018.12.19

本園は、今まで何度もこのHP上で発信していますように「給食体制」は週4回の給食(自園調理)と週1回のお弁当の体制を採用しています(“食”を通じてュニケーション)。給食は学園敷地内の給食室(厨房)から毎回温かい食事が運ばれてきます。(給食業務は神戸ウオクニKKが委託業者)そして、お弁当は保護者手作りのお弁当となっています。今日のお弁当(12月から園舎内設備で子どもたちのお弁当は温めています)では今年度最後のお弁当でしたので各学年の子どもたちの“声”を拾ってみました。

“先生、美味しい( ^ω^)・・・”・“これ、ママが作った( ^ω^)・・”・“私、これ好き( ^ω^)・・・”・“先生、先生これなあ( ^ω^)・・・”・“先生はもう食べた( ^ω^)・・・”・“私、お弁当の日、大好き( ^ω^)・・・”・“先生、このから揚げなー( ^ω^)・・・”“この卵焼き、美味しいねんでー!!”等々数多くの声を拾うことが出来ましたがここに載せているのはほんの一部です。体験組のどんぐり組・たまご組(満2歳児~満3歳児組)の子どもたちも預かり保育で残った子どもたちも鼻歌を唄いながらお弁当の用意をしていました。確かに言えることは、子どもたちにとって“お友だちと一緒に食べるお弁当は≪大好き≫な時間ということでした。

pagetop