トピックス

二十四節気『寒露』

2020.10.08

今日10月8日は二十四節気の『寒露』です。寒露とは、晩夏から初秋にかけて野の草に宿る冷たい露のことです。秋の長雨(秋雨前線)?が終わり本格的な秋の始まりになります。この頃は五穀の収穫もたけなわで、農家の繫忙期になります。また一方、大気の状態が安定して空気が澄み“秋晴れの日”が多くなり、夜には天空の月も美しく輝いて見えるはずです。今日は台風14号の影響もありますが、所謂 秋雨前線による雨降りです。今朝、登園する子どもたちは思い思い・多種多様な傘(カッパの子どもたちもいました)をさして登園してきました。雨降りバージョンの園での保育(子どもたちの園生活)になりましたが、子どもたちは”元気そのもの“です。週間天気予報によれば、子どもたちが楽しみにしている13日の「体育あそび発表会(Withコロナの時代の今年の所謂運動会)」の日は雨降りではなくて≪曇時々晴れ≫と予報されています。”秋晴れ“ではないようですが、現時点では“ホット”しています。

pagetop