トピックス

プリティー先生

2021.05.28

本園で基本、毎朝行っている園の特色保育の一つでもある「英語保育」のネイティヴ講師陣にこの5月から女性講師が加わりました。英語保育を制度設計した当初、“多民族(多人種)の講師陣によるシャワー英語”と基本コンセプトを設定しましたが、これにより昨年度から始まった「英語保育」の基本コンセプトは出来上がりました。プリティー先生は“インド”の方です。今日で2回目でしたが、他園でも経験・勤務されていますので、初回から本園の子どもたちの“特徴・こころ”を瞬時に掴み、活発且つ行動的な英語保育を展開していました。今日も、前半グループ・後半グループには同じような内容の保育でしたが、年齢差(レディネス)を考えた指導の展開でした。男性講師2名、女性講師1名による「英語保育」がこれからどんな≪化学反応≫を起こしていくか大変楽しみです。

pagetop