トピックス

おもちつき

2014.12.16

CIMG1093 CIMG1095 CIMG1100 CIMG1108 CIMG1109 CIMG1112 CIMG1115 CIMG1117

今日は幼稚園プログラムの一つ、子どもたち(幼稚園児・小学校1・2年生参加、このように学園の小規模校・少人数教育の良さを生かした異年齢活動の取り組み)がとても楽しみにしていた年末恒例の【おもちつき(第12回親子学級を兼ねています。)】でした。保護者も多数参加してのプログラムですので、餅つきのつき手は、保護者の男性・女性・そして教員で行いました。だいたい8臼つきましたが、(子ども解散後にまた数臼つきました・・・)子どもたちが見守る中、日頃使わない筋肉を使っての餅つきとなりましたので大変でした。でも、遊戯室の周辺に丸~く座った子どもたちの “ヨイショ!ヨイショ!” の掛け声に励まされてつき手の方々は頑張りました。お母様方が丸めてくださったお餅(餡餅・きなこ餅-柔らかくて美味しいとの子どもの評)を何度もお代わりしながら頬張っていました。子どもたちにとっては、良き日本の伝統的「通過儀礼」で、年末の風物詩である “お餅つき” を心一杯楽しんだと思います。今日本園はパン給食(妖怪ウォッチパンとサンドイッチでしたので子どもたちは大喜びでした)の日でした。子どもたちの今日の給食は、お餅と大好きなパンで満腹・満腹・・・・・!! でした。

pagetop