トピックス

『敬老の日』プレゼント

2016.09.16

CIMG0001

9月19日(月)は『敬老の日』です。
この祝日は国民の祝日の一つですが、この日の設定経緯を調べてみると次の通りでした。

1951年(昭和26年)に、飛鳥時代の聖徳太子が四天王寺に悲田院(ひでんいん・・・現代でいう社会福祉施設)を設立したと伝えられる日に因んでこの日を「としよりの日」として設定されたようです。
更に、63年(昭和38年)に制定された「老人福祉法」以来、その精神に基づき(多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、社会全体で長寿を祝う)「敬老精神と老人福祉」の一層の推進・関心向上を目的として全国的に敬老行事が行われるようになりました。
66年(昭和41年)からは「敬老の日」に改称・制定されました。
「老人福祉法」では9月15日が「老人の日」、その日から1週間を「老人週間」と定められています。(その後、諸事情から9月の第3月曜日に祝日変更)

子どもたちは、2学期に入って運動会練習に励む一方で正課の造形活動で “頭が白髪髪やなーとかメガネをかけている”と祖父母の顔・姿を“思い出し、思い出し” 一人2枚の絵を描いて来ました。
今日、子どもたちは“祖父母へのプレゼント”としてこの“絵”を持ち帰ります。
ご家庭では子どもたちと共に“楽しくも賑やかで温かな会話”が取り交わされると思います。

pagetop