トピックス

「かきかた」(1組)

2017.02.24

本園では、子どもたちが自分の名前を“正しく、しっかり書く”ようになって卒園を迎えて欲しいと考え、2年前から正課の中の保育単元に「かきかた」を取り入れました。
従って、保育目標には「正しい姿勢で、正しく鉛筆を持ち、お手本をよく見て書く」と設定し、指導は須磨浦小学校では低学年の担任経験が豊富であった本園教員が教えています。
2年前から始めましたので1組(年長児)の子どもたちは年中から「かきかた」を始めたことになりますが、既に「いろは48文字」を学び終え、今日の“かきかた“はいろは48文字を使って”しりとり“をしながらの硬筆書きでした。
子どもたちは、かきかたノートに私も”びっくりさせられる“くらいに”丁寧に・しっかりと書いていました。

pagetop